特許の保有と取得の意味と侵害について

>

特許侵害と使用の倫理

法律で決まっている

さらに不当利益返還請求権というものもあります。
これも特許を侵害されたときに行使できる権利です。

また、特許の発明の劣悪品を製造や販売をし、特許自体の信用を低下させることもあります。
その時は信用回復措置請求というものもあります。
劣悪品や粗悪品だと認められれば謝罪しなくてはならないということです。

これらのことがかあまると刑事責任にも問えることでしょう。
刑事訴訟で責任を認められれば特許法第196条に当てはまり侵害した人は10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金となります。
これが法人になると特許法第201条が適用され、懲役と罰金両方になることもあります。

特許を侵害することを法律で厳しく禁じています。

特許を使う際の願い

最後に特許を平和に穏便に使って欲しい人の声です。

今回私が目にしたのは新和光学工業の特許侵害です。
新和光学工業は特許を保有しているので発明者のモチベーションや会社運営にとても尽力しているでしょう。
特許を保有できるということはそれだけ発明に日々励んでるということです。

新和光学工業お取り扱い部分が電子機器の重要な細かいところです。
光の調整をするものがほとんどです。
光は私たちの生活に必要不可欠なものです。
映像を投影したり保存したりエネルギーに変えたりいろいろな用途があります。
この特許を保有しているということは人々の生活の礎を作っているのと同じです。
特許ですから精巧な作り方などは提示しています。
是非ちゃんと使用料を支払い、ちゃんとした製法のものを生活に届けて欲しいですよね。


TOPへ戻る