特許の保有と取得の意味と侵害について

>

特許侵害を受けた時裁判所に申請できる一般的な項目

予防請求権を行使する

特許は発明者に与えられてそれをみんなで分かち合うためにはルールがあります。

その特許を侵害されそうになった場合は予防請求権と言って差し止めなどの申請をすることができます。
この意味はひとりが独占的に発明を侵害し、利益をむさぼらないようにという処置です。
また、発明者の尊厳を守るものです。

侵害することにより特定の人に多大なる利益転がり込もうとする物を予防します。
侵害されそうになっている場合はその設備や商品の廃棄、除去を請求できます。
これは、訴訟として行われるため、国の執行要求となります。
違反すると罰せられます。

わざわざ特許侵害してまで作ったものを廃棄や除去されるのも費用の無駄だと思いませんか。
ならば、普通に特許料を支払って製品として売った方がもうかりますよね。

差し止めと損害賠償

もし、特許を侵害されたとすれば特許を持っている人は以下の処置がとれます。

まず、差し止め請求です。
実際に特許が侵害されておりその人に利益が出ると思われる場合はまず差し止め請求という処置を取ります。
国が「模倣したものを売ってはいけませんよ。売ったら罰しますよ」ということをいいます。
これは特許法第100条に明記してあります。

さらに、損害賠償請求もできます。
これも侵害されて利益が出た額を丸ごと請求できるというものです。
当たり前ですよね。
発案者は特許を持っている人なのですから。
これらはどちらも裁判という形になります。
出廷を無視したり、放棄すると勝手に刑が確定してしまいます。
権利をお脅かすことはしてはならないのです。


TOPへ戻る