特許の保有と取得の意味と侵害について

>

特許の保有と侵害について

特許とは国で発行されるもの

そもそも特許というものは発明した人へ国が特許権というものを与える行政行為なわけです。
国が「貴方が発明者なのですね。認めましたよ」ということなのです。

この意図とは発明者が模倣されることを恐れてせっかく人に役に立つ技術を秘密にしてしまうことを防ぐためのものです。
その発明が人々の生活を変えるような素晴らしいものだったら隠されるのは得策ではないと思いませんか?
発明ひとつで世界や生き方が変わるのです。

素晴らしい視野を広げるために特許という権利を与えてみんなでその発明を分かち合おうということなんです。
決して独占させるための権利ではないのです。
正確な作り方を提示させ、特権を与えることで発明者の尊厳を守るものなのです。

特許の役割

この特許というものは誤解されがちです。

とある飲料メーカーでは特許を取得する申請の際急に申請を取りやめました。
何故だと思いますか?
それは、申請する際に細かい用法や用量を提示しなければならないからです。
その飲料メーカーは用法や用量を提示すればほかの人にすぐ模倣されると考えました。
しかし、その飲料は売りたいと売り出しました。
結果、どうなったと思いますか。

特許を取っていないのだから詳しい作り方はわからないけれどもこうじゃないか。ああじゃないか。と偽物が散乱したのです。
名前も少しずつ変えて売り出しと「特許があるわけじゃないんだからいいだろう」言われる始末です。

結果、発明した人の尊厳は踏みにじられて売り上げも落ち込んだということです。
これに比べて新和光学工業は特許を申請していますから利用料さえ払えば誰でもその発明を使えるのです。


TOPへ戻る