新亜光学工業が保有する特許について

特許の保有と取得の意味と侵害について

特許を持っているのと持っていないのと

特許というのはその人や会社が新たな発見をしたという証です。
それを独り占めするためにあるわけではなく、みんなで分かち合うためにあるものなのです。
特許として出願しているところは決して利益をむさぼりたいと思っているわけではありません。

新亜光学工業株式会社の特許もそうです。
この会社は、大きな特許をたくさん持っています。
これは「自分たちが発明したんだよ」という印でありこの技術を独占するためではありません。
特許料さえ払えばその技術は使用可能なのです。

新亜光学工業株式会社が持っている特許というのは主に「光をアシスト」するものです。
撮影に邪魔な赤外線の遮断するものもこの会社の技術です。
この技術はCCDといった小型カメラをはじめ、デジタルカメラなどといった精密機器機器に必要不可欠なものに搭載されています。
赤外線をカットする調節装置の軽量化に成功しています。
普通に装置を設置するならば大きくもありかさばるので撮影にも不向きでしょう。
ですが、この発明のおかげで小さいCCDカメラにも装置の取り付けが可能です。
私たちが見たこともないような風景の撮影が可能となるのです。
さらにほかにも電子機器の小型化や軽量化に成功しています。

この技術を保有することで会社のイメージが上がりさらなる発明と繋がっていくのです。
特許を保有するということは未来への懸け橋です。
便利なものを発明していき、人々の生活を豊かにする架け橋なのです。
その権利を侵害するなどナンセンスなのです。

TOPへ戻る